2016年07月01日

二ツ星の料理人

あらら...。もう2週間前のお話しです。

映画を観てきましたよ。「2つ星の料理人」です。

T0020859p.jpg

本当は 「ブリュッセルの不思議な代理店」 を観たかったのですが、

終演が近いためか、夜の時間のみ。どうしても時間が合わず、

こちらを観ましたのよ。いつもお世話になります。

シネマトゥデイさまより、あらすじはこちらー↓


料理の世界のお話ですが、

その葛藤とか人間関係は、どの世界にも共通でありましょう。

お料理のシーンは、どれも美味しそうで困る。お腹が鳴るぞー!

一流と云われていた主人公のシェフが、身を崩してどん底へ。ドーン。

再起にかけるが、その原因となった傲慢さに気がつかないまま、

また大失敗するわけよ。周囲のやさしや理解者に気づかないのね...。

355922_003.jpg

だから気遣いもしない。人の心はお構いなし。自分は完璧。自分以外はバカ。

自分だけのために進むって感じ。客も無視。客もかよー!

料理だけを追求すれば、果たして料理って美味しくなるのかしら?

食べてほしいとか、人の想いとかは関係ないのかな?

ここで大事なこと!

主人公は最初はヒドイやつなんだけど、いったい何をやらかしたのか?

最後まで不明なのね...。

355922_005.jpg

不遇の生い立ちは、なんとなく説明あり。モヤモヤするわ!

さてさて、中盤の盛り上がり。

多分...過去の失敗で大迷惑をかけたであろう、元同僚が一緒に働いているんだけど、

その同僚に仕返しというか、非常に大事な局面でしっぺ返しをくらうわけ。

大事なお客に、激まずソースを出しちゃうのよね。

主人公は彼を少なからず信じていただろうに...手痛いしっぺを喰らうわけ。

人の恨みつらみは簡単には消えないということか...。

ただ、この同僚は、主人公が改心していたかどうか?を見極めていたふしがあります。

やっぱこいつダメだわ。さいなら。って感じなのでしょう。

こてんぱんにやられて、死にたいなんて言い出して、ライバルのところで大暴れ。

でもライバルはやさしくしてくれんのね。理由をきいてハッとするのね。予想外なのかな。

スーシェフだよね?

一緒に働くある女性が主人公に更生への影響を与えていくわけですが、

355922_002.jpg

何故そこまで親密になるのか?不・思・議 ぃー。親密が急激なのよ。

もう、あのね、登場人物の「つながり度合い」が良くわからん。説明不足!

ただし、

まったくわからんことはない。ビミョーにわかる。これは救いだわ...。

この女性とは別に、昔の恋人が登場するのね。

主人公は、この女性のために身を崩したようでもある。この女性とは

多分今生の別れになるんだけど、昔の恋人とはいえ、

去り際に彼の借金を肩代わりする。

これが無償の愛でしょうか。何故そこまでする?説明してくれ!

人間関係の説明が荒いのよね。なんとなくビミョーに分かるから、まだ良いけど、

感情移入まではできんわ。理由がわからんもん。

もういいわ...。私が求めすぎました...。

劇中のお言葉。

「強い人間は人に頼る。弱い人間は人を信じない。(だったかな?)」

まあ、それはどうかは置いといて...

主人公もだんだんと人を信じてか、調理とかを任せるようになってくるのね。

厨房は家族なのよ。とスーシェフはいう。うんなるほど。それは納得よ。

355922_004.jpg

一体感というか、まあいい感じになってきたところで、

最後はミシュランがくるのね。急に一丸となって、夢の三ツ星に挑むのだっ!

結果は...。

不明のままエンディング。でもみんな笑顔。多分2つ星じゃないのかな?

2つ星でもかなりの評価ですよね。知ったかブリブリ。

ただし、

その中身は?というかその質は、以前の2つ星とは違うものになっていたのでしたー。

なーんていうお話しなのでしょうかね。中身が問題よ。

まあ、

この映画の主旨はなんとなくわかる。でもターゲットというか、どこに落としどころを

もって来ているのかは、さっぱり不明なのよね。

だいたいこんなストーリーで、こんなラストなんだろうなぁというフワフワ感が

あるんだけど、もう、はっきりしろ!って思いましたわ。

どうせなら一切説明なんかすんな!ハチャメチャムービーにしとけ!

中途半端に人物が登場するものだから、もやもや感がマックスなのでした。

なんか文句ばっかり書いているようですが、文句はひとつ。もう少し説明が欲しいなー。

物語の遷移は荒いけどスムース、ドライブ感もそこそこあるので、モヤモヤ以外は

楽しく観れましたよ。

総評的には面白かったので、900円の満足度50%とさせていただきます。

人間関係を再認識させてくれるというか、

観たあとに、なんとなく元気になるような映画ではあります。

心が疲れているときには、良いビタミンになるかも。

そういう意味ではお勧めですよ!

では、

次回の似非評論まで、サイナラ×3♪

T0020859p.jpg


posted by obentolog at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ(showbiz) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439571242
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック