2016年10月29日

日本未公開映画!

せっかくの機会なので、

日本未公開の映画を観て来ましたよ!

ひとつは機内ですが.....。

JACK REACHER NEVER GO BACK

トムさまー!

MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN

ファンタジー!

IMG_20161028_160332.jpg

EYSE IN THE SKY

戦争映画。重いです...。機内で観ました。

詳細は後ほどー!

Later on.


posted by obentolog at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ(showbiz) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

秘密-TopSecret-

ちょっと気になっていた映画「秘密」を観てきましたよ。

実は、気づいたら格安チケットの有効期限が迫っていたので観に行ったのだ、

というのは秘密です...。

これって白泉社のマンガなのね。1999年初版なのかな。

映画化されるとスベルというか、B級なのかなーっと思っていたのですが、

これがなかなかドーシテ本格的でした...。


gamersky_01small_02_201412171732A7A.jpg

あらすじは&詳細はこちらー。シネマトゥデイさまから。


公式サイトぉ−。


T0019774p.jpg

んーなんだろ?というような、細かい「抜け」はありますね。

脳の記録を視覚化する装置を取り付けるために、千明ちゃんが

頭蓋骨をパカンと切るのですが、

音はすれどもカッターは回っておりません...。

352900_007.jpg

ほかにもあるけど、重箱の隅なのでヤメルー。

全般にドライブ感もあって、物語の説明もまあまあ、場面の遷移も

スムースで問題なし。良いではありませんか!

唯一というか、キーマンである貝沼の説明がもっと欲しいところ。

どんな人間なのか?良くわかんないなー。

主人公のスズキとの関係というか、つながりがもっとわかるように

説明が欲しかった。

映像とかセットとか、見た目はきれいで完成度が高いですね。

CGに惑わされたかな...。

AS20160803004269_comm.jpg enn1608091000001-p1.jpg

絹子の女優さんは、これが初めての映画だとか。

なかなかの演技力ですよ!「織田梨沙さん」覚えておこう。

hmt_02.jpg

猟奇殺人犯の絹子なのですが、サイコパスなのかな?

これまた貝沼との関係がモヤモヤしています。

劇中で「ひとの脳を見ればきっと素敵な世界が見えるはず。」

みたいな(忘れたわ..)言葉がありました。

理想と希望を言っているのでしょうかね...。

絹子に殺められた盲目の少年と盲導犬がいます。

絹子を追い詰めていくのだが、捜査は行き詰まる...。

盲目の少年の脳をスキャンしても、目が見えないから

映像はないのだ。

でもここに決定打が...。一緒にいた犬の脳をスキャンするのね。

ああナルホド〜と思いました。犬は絹子を見ていたのね。

これでジ・エンド。

ずーっとドライブ感は維持されるので、ここまであっという間でした。

うん、見応えあり。

事件に疲れた青木(岡田さん)は辞表を提出するが、

室長の薪(生田さん)は、これを見てくれとある映像を渡すのね。

352900_003.jpg 352900_002.jpg

これが最後の場面となります。さっきのワンちゃんが日常で

見ていた目線が流れます。みんな笑顔で接してきて、

幸せな世界って感じです。なんかウルウルきましたよ...。

犬が見るとすべてが素敵な世界かもしれない。

きれいな目なのでしょうかね。

ひとは、誰もが気づかずにというか、見て見ぬふりというか、

自らその世界を避けて見ないようにしているだけで、幸せな世界は

そこにあるのではないか?そういうことなのかな...。

ところで、脳をスキャンするって、同じ白泉社のパタリロの61巻

「いい性格」にあるんですよね。発行も1996年で

パタリロが古いんだよね...。まあいっか。

全般に面白かったですわ。浮世感もあって良く出来ていたと思います。

1400円の77点とさせていただきます。

まだまだ上映中。おすすめしますよ!

では、次回の似非評論まで。

サイナラ×3(^^♪

THE20TOP20SECRET20001-1.jpg


続きを読む
posted by obentolog at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ(showbiz) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

二ツ星の料理人

あらら...。もう2週間前のお話しです。

映画を観てきましたよ。「2つ星の料理人」です。

T0020859p.jpg

本当は 「ブリュッセルの不思議な代理店」 を観たかったのですが、

終演が近いためか、夜の時間のみ。どうしても時間が合わず、

こちらを観ましたのよ。いつもお世話になります。

シネマトゥデイさまより、あらすじはこちらー↓


料理の世界のお話ですが、

その葛藤とか人間関係は、どの世界にも共通でありましょう。

お料理のシーンは、どれも美味しそうで困る。お腹が鳴るぞー!

一流と云われていた主人公のシェフが、身を崩してどん底へ。ドーン。

再起にかけるが、その原因となった傲慢さに気がつかないまま、

また大失敗するわけよ。周囲のやさしや理解者に気づかないのね...。

355922_003.jpg

だから気遣いもしない。人の心はお構いなし。自分は完璧。自分以外はバカ。

自分だけのために進むって感じ。客も無視。客もかよー!

料理だけを追求すれば、果たして料理って美味しくなるのかしら?

食べてほしいとか、人の想いとかは関係ないのかな?

ここで大事なこと!

主人公は最初はヒドイやつなんだけど、いったい何をやらかしたのか?

最後まで不明なのね...。

355922_005.jpg

不遇の生い立ちは、なんとなく説明あり。モヤモヤするわ!

さてさて、中盤の盛り上がり。

多分...過去の失敗で大迷惑をかけたであろう、元同僚が一緒に働いているんだけど、

その同僚に仕返しというか、非常に大事な局面でしっぺ返しをくらうわけ。

大事なお客に、激まずソースを出しちゃうのよね。

主人公は彼を少なからず信じていただろうに...手痛いしっぺを喰らうわけ。

人の恨みつらみは簡単には消えないということか...。

ただ、この同僚は、主人公が改心していたかどうか?を見極めていたふしがあります。

やっぱこいつダメだわ。さいなら。って感じなのでしょう。

こてんぱんにやられて、死にたいなんて言い出して、ライバルのところで大暴れ。

でもライバルはやさしくしてくれんのね。理由をきいてハッとするのね。予想外なのかな。

スーシェフだよね?

一緒に働くある女性が主人公に更生への影響を与えていくわけですが、

355922_002.jpg

何故そこまで親密になるのか?不・思・議 ぃー。親密が急激なのよ。

もう、あのね、登場人物の「つながり度合い」が良くわからん。説明不足!

ただし、

まったくわからんことはない。ビミョーにわかる。これは救いだわ...。

この女性とは別に、昔の恋人が登場するのね。

主人公は、この女性のために身を崩したようでもある。この女性とは

多分今生の別れになるんだけど、昔の恋人とはいえ、

去り際に彼の借金を肩代わりする。

これが無償の愛でしょうか。何故そこまでする?説明してくれ!

人間関係の説明が荒いのよね。なんとなくビミョーに分かるから、まだ良いけど、

感情移入まではできんわ。理由がわからんもん。

もういいわ...。私が求めすぎました...。

劇中のお言葉。

「強い人間は人に頼る。弱い人間は人を信じない。(だったかな?)」

まあ、それはどうかは置いといて...

主人公もだんだんと人を信じてか、調理とかを任せるようになってくるのね。

厨房は家族なのよ。とスーシェフはいう。うんなるほど。それは納得よ。

355922_004.jpg

一体感というか、まあいい感じになってきたところで、

最後はミシュランがくるのね。急に一丸となって、夢の三ツ星に挑むのだっ!

結果は...。

不明のままエンディング。でもみんな笑顔。多分2つ星じゃないのかな?

2つ星でもかなりの評価ですよね。知ったかブリブリ。

ただし、

その中身は?というかその質は、以前の2つ星とは違うものになっていたのでしたー。

なーんていうお話しなのでしょうかね。中身が問題よ。

まあ、

この映画の主旨はなんとなくわかる。でもターゲットというか、どこに落としどころを

もって来ているのかは、さっぱり不明なのよね。

だいたいこんなストーリーで、こんなラストなんだろうなぁというフワフワ感が

あるんだけど、もう、はっきりしろ!って思いましたわ。

どうせなら一切説明なんかすんな!ハチャメチャムービーにしとけ!

中途半端に人物が登場するものだから、もやもや感がマックスなのでした。

なんか文句ばっかり書いているようですが、文句はひとつ。もう少し説明が欲しいなー。

物語の遷移は荒いけどスムース、ドライブ感もそこそこあるので、モヤモヤ以外は

楽しく観れましたよ。

総評的には面白かったので、900円の満足度50%とさせていただきます。

人間関係を再認識させてくれるというか、

観たあとに、なんとなく元気になるような映画ではあります。

心が疲れているときには、良いビタミンになるかも。

そういう意味ではお勧めですよ!

では、

次回の似非評論まで、サイナラ×3♪

T0020859p.jpg


posted by obentolog at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ(showbiz) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

女が眠る時

映画は格安チケットで観るのですが、

格安だけに期限付き...。ふと期限を確認すると、残り一枚が

5日後ぉー!しまったー!切れるぅー!

というわけで、

急遽映画を観て来ましたよ。スカッと爽快のX-MISSIONを

観たかったのですが、時間が合わず...。

ちょっと気になるくらいの「女が眠る時」を観て来ました。

T0020536q.jpg

あらすじはこちらー。↓


んーなんだろ。不思議な感じです。フワフワ感がありますね。夢の中?

ストーリーはあらすじのとおり、スランプの作家が休暇中の

ホテルで怪しいカップルに興味を持って、近づき過ぎる...というもの。

354652_002.jpg 354652_009.jpg

その体験で書いた作品が大成功。スランプ脱出となります。

354652_001.jpg 354652_012.jpg

終始、夢の中で物語が進行しているようで、観ているほうも、

なんだか、ボーっとしてきます...。脳が浮く感じ?

怪しいカップルは、境界の住人で、この世の者ではないのかも?

354652_004.jpg 354652_010.jpg

作家は彼らと、脳内融合してしまったのかもしれませんね。

映像作品っぽいですね。ちょっと前に観たアンダー・ザ・スキン


なんかと同じ香りがしました。

特に印象は残りませんでしたが、リリーフランキーさんの異質感がグッド。

354652_014.jpg

印象に残った台詞は、何故かストッキングの厚さの話し。

単位はデニールで、40〜60デニールが一番男受けのする厚さだそうで、

ひざを曲げるとその部分が素肌感覚になるんだとか...。

フワフワした映画も好きなのですが、いまひとつインパクトがない。

映像作品として観るならば、すみません...850円(満足度47%)でしょうか。

決して無駄な時間を過ごすことはありません。新しい脳内体験が

出来ると思いますよ♪ 毛色の違う映画ですが、オススメです。

では、次回の似非評論まで。サイナラ×3!


posted by obentolog at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ(showbiz) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

オデッセイ-MARTIAN-

ちょっと前ですが「オデッセイ」を観て来ましたよ。

本題は「MARTIAN」で火星人。そのままなんですね...。

T0020248p.jpg

宇宙ものも好きなおべんとログなのですが、実はCAROLを先に

観たかったのですが、時間が合わずにオデッセイを観ることに

なった次第です。あらすじはいつものコチラー。


割と大スペクタクルを期待していたのですが...ん〜なんだろ、

ジオグラフィックみたいなドキュメントみたいな構成と進行で、

映画としては期待ハズレでした...。それは何故なのかー。

ストーリーは、火星に取り残された主人公のサバイバル。

353437_001.jpg 353437_002.jpg

生存に気づいたNASAが救出作戦を立てるのだが、誰一人足を

引っ張るような悪者がいないんです。映画としては盛り上げに

欠けますよねー。救出に向かって一直線。一致団結なんですよ...。

仲間は見捨てない!愛に溢れた、強いアメリカ!って感じ。
353437_005.jpg
サスペンスはありませんのよ。

どこでも一緒だろうけど、火星に独りぼっちは絶望だと思うな...。

そういう映画はこれまでもありましたが、

独りの孤独感とか、恐怖とか、苦悩とか、もっと過激に演出すべき

かな...。実に冷静で素晴らしい振る舞いなのよねー。

なんというか、怖さを感じませんでしたね。

ただ、あるセリフではこんなことを言っていました。

-Everywhere I go, I'm first.-

どこに行っても一番乗りだ...。これは寂しいでしょうねー。

NASAには時間がないので、急いで救出ロケットを作ったら爆発して、

代わりのロケットが必要になって、助けを求めたのが日本ではなく、

中国のロケットなのよねー。ドドーンと打ち上がる!

ここは個人的に寂しかった...。日本に有人はないからか?

まあ、全般に緊張感が少なく、緩い進行なんですが、実際にこんなことが

あったら、ドラマティックな展開とか無くて、冷静に淡々と救出ステップが

進むんでしょうから、ドキュメントとしては正解なのかな。

火星でジャガイモが育つんですかね?可能性の話しなのかな?

まあ、せっかく作ったジャガイモが基地の破損で外気にさらされ、

一瞬で畑が乾燥してしまい、全滅するのね。これはちょっとショック。

353437_007.jpg 353437_003.jpg

救出ミッションは案外あっさりと成功。晴れて地球に帰還です。

ドキュメンタリー終了です。

エンタメとしてはどうかなーと思いますが、観方を変えれば、

面白い映画でしたよ。

1000円の満足度56%というところでしょうか。

火星ジャガイモ食べてみたいな。

では、次回の似非評論までサイナラ×3!


posted by obentolog at 07:00| Comment(0) | TrackBack(1) | エンタメ(showbiz) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする